〜Walk  On 〜 

アクセスカウンタ

zoom RSS 感じ悪い医者!!

<<   作成日時 : 2008/07/28 23:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

娘の具合が良くならないので、耳鼻咽喉科へ連れて行った

土曜日もらった薬が効いていないらしく夜に熱が出る始末…

おまけに「喉が更に痛くて耳まで痛い」と言う

耳鼻咽喉科の先生は私と二男のかかりつけ

娘は滅多に耳鼻咽喉科には行かない

「こりゃひどい、EBウイルスかアデノイドウイルスかも、血液検査したほうがよい」と…

EBウイルスは彼女が二歳のときかかった 肝臓脾臓が腫れた

二度はかからないと言われ、アデノイドウイルスかも…

大学病院の紹介状をもらい行くことに

しかし、昼ご飯の準備をと(うちにはあと5人いるので)軽くしていたら、大学病院の受け付けが過ぎてしまったのに気付いた…

仕方なく駅前の総合病院へ…

16歳になった娘は小児科を卒業して内科へ

3人の内科医からH女医さんを選んだ

進みが悪い…やっと呼ばれ入ると、30代くらいの女医さん

一通り話すと、「薬を変えたからといってすぐ効くわけではありません、病気は最後は自分の体の力で治すんです」と、そんなの知ってる〜

耳鼻咽喉科で検査してもらってと言われ、アデノイドウイルスかもしれないので…と話しても、「検査しても、結果がでるまではわからないわけですから、細菌性の抗生物質を出します」「耳鼻咽喉科で血液検査してもらわなかったのですか」とまぁサバサバと言ってくる

耳鼻咽喉科は症状を治療してくれるとこで全身にかかわることは内科で検査ではないか…

私もいろんな症状でいろんな病院に行ったが

病院に行ってああも、ずけずけとあっけらかんと言われ、私も負けずにいろいろ質問したからか最後の一言

「よろしいですか?」まるでもう納得いったか!と言う感じ…

ここに書き尽くせないほど嫌な感じだった

思い出した、私が以前、胃が悪く胃カメラやったあとの診察であの女医だったことを…

ポリープがあり、ストレスが原因だったりしますかって話したら「関係ない」みたいに言われ嫌な思いをした

医者というものは、心配で診察にくる患者を安心させることを話したり、病気の説明したりするんじゃないの?逆に不安にさせたり、気分悪く帰らせるなんて、絶対おかしい…血液検査だって私がお願いした形になってる…

とても気分悪いので明日、紹介状書いてもらった大学病院へ行くことにした

始めから明日まで待っていけばよかった

薬はもらわずに帰った娘は、夜からまた熱が出た…
耳鼻咽喉科の先生はすごく心配してくれたのに

あの女医は…

二度と会いたくない…

…追記…
そこの病院はその日のドクターの名前がドアにプレートがついている
『H』となっていた。しかし、娘が「中の先生『O』って名札だったよ」と言う
会計で聞いた、先生の名が違うと…
どうやら、H先生が休みで、O先生が代わりだったらしい。なら、私が受け付けた時、「HですがOの診察に代わります」というべきではないか!
年配の女性が謝ってきた。私はうるさい『おばさん』になってしまっていた。でも、私の言っていることは正しいと思う。
もしかして、あのO先生は人気ないから、名前出せないの?と娘と話して帰った

明日は大学病院だ…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
感じ悪い医者!! 〜Walk  On 〜 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる